move_anime first_anime anime01 delay400 speed1000 class="img_load move_anime first_anime anime01 delay400 speed1000" style="background-image: url(https://www.hotelkanra.jp/common/img/blog/A-main_pc.jpg);"> kanra blog kanra blog

Concept room “ oku ”

2019.04.03

一期一会のこの部屋で、あなただけの“ oku ”を探しに。


「oku」と聞いて何が思い浮かぶでしょうか。
奥行き、奥ゆかしさ、奥深い、奥座敷、奥の院・・・
日本の文化や暮らしを考える上で、切っても切れない概念の一つが
「奥:oku」なのではないでしょうか。
この概念の基に、和紙職人・ハタノワタルの空間を、
各職人が表現したコンセプトルーム“ oku ”。
この空間を体験することで、
あなた自身にとっての“ oku ”に出会ってみて下さい。










コンセプトルームには作家の意向によりテレビがございません。 和紙や絵画と茶や墨で染められた布や石などの素材・光と影などがお互い呼応されて作り出される“ oku ”をお愉しみください。

作家紹介

和紙職人  ハタノワタル

建築家    大橋史人

布      アリサト工房

造園     京庭なる井

陶芸家     清水善行

【ご宿泊に際しての注意事項】
・こちらのお部屋にはテレビがございません。あらかじめご了承ください。

・陶器、布帛など繊細な素材を使用した作品を多数展示しているお部屋の為、
恐れ入りますがお子様(12歳以下)のご宿泊はご遠慮頂いております。


何かご質問やご要望などがございましたら、お気軽にお申し付けくださいませ。


清水焼とカンラ

2019.02.20

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

清水焼とは


京都に古来から続く陶芸技術、清水焼。京都が都だった時代から、全国各地から集まってきた良質な土を使いながら、将軍や茶人などの要望に合わせて京都の陶芸職人は個性的な作品を生み出していきました。有田焼や九谷焼などと違い、清水焼には決まった技法や釉薬などはありませんが、四季や吉兆文様を取り入れた、毎日の暮らしで使いやすい手に馴染むサイズ感のものが多いのが特徴です。ホテル カンラ 京都では伝統工芸に気軽に触れていただけるよう、客室内で清水焼のお湯のみをご利用いただけます。こちらでは、特におすすめの作家さんをご紹介いたします。

岡山高大さん

京都・東山で窯を持つ陶芸作家。
青色や桃色の釉薬と金彩や白金彩を組み合わせたWarm stripe/Ice stripe シリーズは、光沢感に差が生まれ、華やかな印象を与えてくれるのが特徴です。一部の客室にも青色桃色セットのお湯呑みを置いています。

3/7~9 DAIALOGUEの展示客室:412号室(客室カフェ・感洛茶寮内)

洸春窯/高島慎一さん

京都東山に続く洸春窯の3代目。
「いっちん」という、まるで生クリームを絞るような絵付け技法で、中国伝来の交趾(こうち)焼を制作しています。繊細で華やかな印象の磁器は、和食にも洋食にも合わせやすく、テーブルの上がぱっと明るく華やぎます。
カンララウンジやスイートルームの客室にも高島さんのお湯呑みを置いております。

3/7~9 DAIALOGUEの展示客室:422号室

蘇嶐窯/涌波 蘇嶐さん、まどかさん

涌波 蘇嶐さんは京都・東山にある蘇嶐窯の4代目。初代涌波蘇嶐は、明治・大正期に活躍した京焼青瓷の第一人者、初代諏訪蘇山の薫陶を受けその技法を受け継ぎました。
福岡・小石原焼の窯元であるまどかさんとの結婚を機に、京都・清水焼と福岡・小石原焼の技法を掛け合わせた陶器を作っておられます。京都の伝統的な青磁と福岡の飛鉋(とびかんな)の二つの質感を掛け合わせた作品が特徴です。
カンララウンジでは、蘇嶐窯の豆皿で、3/31までの期間限定でアフタヌーンティをご提供しています。また、一部の客室にも蘇嶐窯のお湯呑みを置いております。

3/7~9 DAIALOGUEの展示客室:417号室

加藤美樹さん

京都・紫野に工房を持つ陶芸作家。熱帯雨林に生い茂る植物やシルクロードから伝わる文様、アンティークレース、ペルシャ絨毯の文様など、世界各国の景色や文様からモチーフを切り取り、いっちん技法による細やかな絵付けで表現しています。一部の客室にも加藤さんのお湯呑みを置いています。

3/7~9 DAIALOGUEの展示客室:510号室(京都瑞鳳堂さん内)

kyoto artisan × hotel kanra kyoto

2018.11.10

 

hotel kanra kyoto is a comunity-based hotel and providing a high quality traveling space.
 
Five artisans will propose new ways to use crafts in various places at the hotel. Participating craftsmen are Sachi Manabe (Yuzen hand silk printing), Madoka Wakunami (Kyoyaki, celadon), Chiba Koji (Kyoto fan), Kazuya Nanjyo (Naruto Shinku Buddhist altar fittings), Yamamoto Keiko (Kata-Yuzen), these craftsmen are all representing Kyoto and have great techniques.
 
Please wander around the hotel and experience these techniques with your five senses.
 
 
 
Term : 20th of Nov. ~ 3rd of Dec.
Place : all facilities in hotel kanra kyoto

EVENT 『 KOUGEI NOW 2018 Kyoto Crafts Exhibition “DIALOGUE” 』

2018.02.15

 

 

『KOUGEI NOW 2018 Kyoto Crafts Exhibition “DIALOGUE” ~Travel and Crafts ~』


 

An exhibition of crafts under the theme of travel and crafts is held at hotel kanra kyoto on 17th (Sat) and 18th (Sun) March 2018.This event is for buyers, editors, designers and anyone who is interested in arts,

 

crafts and craftsmanship.During the exhibition, there are also tours of workshops and public talks. Please check out official HP, Facebook page, and Instagram for some more updated information.

 

We look forward to seeing you all at the exhibition.

 

<KOUGEI NOW 2018 Kyoto Crafts Exhibition “DIALOGUE” テーマ~Travel and Crafts~>

 

■period

・17th March, 2018 / 11:00~18:00

・18th March, 2018 / 11:00~17:00

■place

hotel kanra kyoto

Tel: (+81)-075-344-3815

e-mail: info@hotelkanra.jp

 

How to enjoy rainy season in Japan

2017.07.01

 

 

Now is the rainy season called “Tsuyu” in early summer in Japan.

Generally, it lasts from the beginning of June to the middle of July.

 

It doesn’t rain every day during Tsuyu.

We experience various kinds of rain such as sprinkle, heavy rain and sometimes rainstorm.

 

 

You might think Tsuyu is not good season for trip in Japan.

Even though rainy season, we have a traditional Japanese habit.

 

 

One of the habit is Tanabata that is the Star Festival in English.

Tanabata was born from the legend of Orihime and Hikoboshi.

 

Tanabata started to celebrate their once-a-year-reunion, it held on 7th July.

We display bamboo grass for Tanabata.

 

 

We write each wish on a strip of paper and hang it on the bamboo grass.

The strips of paper used to write wishes are called Tanzaku.

 

It is said that a wish comes true by writing it on Tanzaku.

 

 

However, it is also said that a wish doesn’t come true if Orihime and Hikoboshi can’t meet because of the rain.

 

 

Please write your wishes and hang on the bamboo grass at hotel kanra kyoto.

 

loading loading loading loading loading loading